自分の本当の望みにフタをしていませんか? ☆あなた本来の力と輝きを取り戻し、心からの願い、本当の望みを実現していくサポートをします。

恋愛がうまくいかないのは自分を否定しているから

 

 

☆大阪/東京 恋愛コーチング☆

 

 

あの人は、私のことを嫌っているにちがいない。

 

あの人には、私なんかよりふさわしい人がいる。

 

人を好きになったとき、このような考えが頭に思い浮かぶことがないでしょうか?

 

どうしてこのような考えが浮かんでくるのでしょう?

 

他人の考えていることを勝手にネガティブに推測し、こうに違いないと決めてしまうというとき、その根底には自己否定があります。

 

 

あの人は私のことを嫌っている   

 

という根底には、

 

は私のことを嫌っている。

 

があります。

 

私のことを嫌っているのは、あの人ではなくなのです。

 

 

 

あの人には私なんかではなく、ふさわしい人がいる。 

 

という根底には、

 

私をふさわしくないと思う。

 
があります。
 
 
本当はあの人ではなく、が私をふさわしくないと思っているのです。
 
 

 

 

ずっと恋が叶わないという状況だとしたら、あなたがあなたのことをどう思っているかみて欲しいのです。

 

あなたはあなたのことをどのように思っていますか?

 

こんな私嫌いと思っているところがないでしょうか?

 
 
こんな私には価値がないと思っているところがないでしょうか?
 
 
  
 
 
自己否定をしている間は、恋愛で本当の望みを叶えるのは難しいように思います。
 
 
むしろ自己否定と望みが叶わないはセットみたいなもの。
 
 
自己否定には、もれなく望みが叶わないをつけてくれるセットバリューといったところでしょうか、笑。 
 
 
だって、
 
 
自己否定をしていると、
 
本音に蓋をしてしまう。
 
なかなか行動に移らない。
  
うまくいかないとすぐに諦めてしまうから。
 
 
これって、望み叶えずらそうじゃないですか? (‘Д’)
 
 
 
 
 
自己否定ではなく、自己肯定で生きたらどうなるでしょう?
 
  
 
 
 
自己肯定をしていると、
 
自分に正直。
 
すぐに行動に移す。
  
うまくいかなくても、簡単には諦めない。 
 
 
 
どうでしょう?
 
 
 
自己否定のセットが、望みが叶いずらい
 
ならば、
 
自己肯定のセットは、望みが叶いやすい
 
になりそうな気がしませんか?
 
 
 
 
少なくとも自己否定しているときよりは、ずっと叶いやすそうじゃないですか?
 
 
 
これでもまだ、自己否定を続けますか?
 
 
 
そうは言っても自己否定ってどうやったらなくなるんだ!って声が聞こえてきたような・・・いないような・・・ 
 
 
やめようと思えば、やめられるのですよ。
 
 
自己否定は、誰のせいでもなく、自分で選択しているものなのだから。
 
 
もうこれね、決めるだけなんですよ。
 
 
やーめた!
 
 
って、腹の底からね。
 
 
 
これからの残りの人生でも、
 
 
あなたがあなたのことをどう思うかはあなたが選ぶことができます。
 
 
 
私って素敵だ!
 
 
そんな風に私が私のことを全肯定してあげたら、私がとってもよろこぶんじゃないかな。
 
 
そして、私がよろこんで力を貸してくれるような気がします。
 
 
自己肯定で生きて、本当の望みを叶えていきませんか?
 
 
 
 

 

自己否定を卒業されるあなたのための

おすすめ記事:失った自信を取り戻す方法

 

P.S.

体験セッション セルフリスペクト×恋愛コーチング

 

セルフリスペクトを高めて本当に望む恋を叶えるためのセッションです。

体験セッション価格でお気軽にセッションをご体験頂けます。

詳細はこちら

 

無料メールセミナー

 

どうして、私の恋はうまくいかないんだろう?

あなたはそう感じたことがないでしょうか?

 

無料ですのでお気軽にご登録くださいね。

(↓の画像をクリックください)

 

 

by

人生も恋愛も鍵は自尊心にあり!  

セルフリスペクトを高める メンタルコーチ 

 平山 仁ー 

  

1)個別セッション

メニューは、こちらよりご参照ください。

 

 2)お問い合わせについて

個人セッションに関するご質問やお申込み、その他ご質問などございましたら、

こちらのお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

 

 3)プロフィール

平山 仁一プロフィール

 

4)お客様の声

お客様の声

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。