心からの願いに本気になることで、愛しい人生を生きることができる! 本当の気持ちに気づき、そのことに本気になるサポート!

どうして好きな人とはうまくいかないのか? ~国境を越えた恋愛で学んだ大切なこと~

 
 
 
 
 
どうして好きな人とはうまくいかないんだろう・・・
 
 
 
あなたはそう感じたことがありませんか?
 
 
 
友達には
 
言いたいことを言えるし
 
自分らしくいられるのに
 
 
好きな人に限って 
 
言いたいことを言えなくなったり
 
自分らしくいられなくなってしまう。
 
 
 
 
 
僕自身そのことで、痛切に悩んだ経験をしたことがあります。
 
 
最後はうまくいかなくて、すごく傷ついた恋だったけど
 
その体験を通して、とても大切なことを学ぶことができました。
 
 
 
 
あなたがもし今恋愛で悩んでいるのなら、なにかしらのヒントになるかもしれません。
 
 
よかったら読んでみてください。
 
 
 
 
 
 
 
もうずいぶん昔、1998年のことでした。
 
僕は大学を卒業してまもなく、スペインに留学していました。
 
 
 
 
 
 
(地中海沿い白い砂浜のビーチがあるアリカンテという町。)
 
 
 
 
そのとき、スペイン語学校で知り合ったポーランド人に恋をしてしまったのです。
 
 
 
気取ったところがなく、 ナチュラルなところにとても惹かれました。
 
 
 
彼女と過ごした期間はわずか2か月ちょっとだったのですが、
 
 
それはもうあまりにも好きになってしまったものですから、
 
 
彼女がスペインからポーランドに帰国した後、
 
 
もう2度と会えないという現実に、
 
 
どうしようもなく寂しくて、どうしてももう一度会いたくて、
 
 
彼女をポーランドまで追っかけていったんですね。
 
 
 
(追っかけていく前のすったもんだは、あまりに濃ゆくて長くなりますので、ここでは割愛します。)
 
 
 
 
でね、
 
もう、恋心満杯でポーランドまで飛んだんです、笑。
 
 
 
若気の至りです
 
 
 
 
 
(スペインから飛行機と電車を使ってポーランド、ポズナンという町へ)
 
 
 
 
 
 
でも、うまくはいきませんでした。 
 
 
 
僕はポーランドまで追っかけていったにもかかわらず、
 
 
いざ彼女を前にすると、言いたいことを何も言えなくなってしまいました。
 
 
 
 
君がいなくなってさみしい、好きだという想いで心の中はいっぱいだったのに、伝えたいことは何も伝えられなかったのです。
 
 
 
 
 
そのもどかしさをごまかすために、お酒ばかり飲んでいました。
 
 
 
本場ポーランドのウオッカはめちゃめちゃ効きます、
 
 
ベロロンチョンに酔っぱらってしまいました。
 
 
 
ドリフのかとちゃんなみに、苦笑。
 
 
 
 
 
そして、しらふでは彼女になにも言えなかった僕は、
 
 
酔っぱらった勢いを借りて、彼女に近づこうとしたんですね。
 
 
 
 
 
 
そしたら、
 
 
「お酒ばかり飲んで酔っぱらう人は嫌いよ!」
 
 
って怒られた上に、振られてしまったんです。
 
 
 
 
 
もう、本末転倒ですよね。
 
 
 
 
好きで辛いからお酒を飲んだだけなのに・・・
 
 
お酒ばかり飲んで酔っ払う人は嫌いと振られてしまう、苦笑。
 
 
 
 
 
でもね、
 
 
その後のことなんです。
 
 
 
 
ふつう、異性に振られたら、すぐにはその人と会わない(会えない)と思います。
 
 
 
 
 
でも彼女はポーランド人、僕がポーランドから出たら、もう2度と会うことはありません。
 
 
 
 
好きになった人と、人生でもう2度と会うことができない。
 
 
 
僕はそんな経験をしたことがありませんでした。
 
 
 
 
もう一生会えないという現実にさらされると、言葉には出来ない大きな寂しさが込み上げてきました。
 
 
 
愛しくてたまらなくなりました。
 
 
たとえフラれたとしても。
 
 
 
 
 
だから、僕がポーランドを出る前日、もう一度会ってくれないかとお願いしたんですね。
 
 
 
その日がまさに、彼女と会える人生においても最後の夜でした。
 
 
 
僕、この日だけは覚悟して臨みました。
 
 
 
 
 
 
もうふられてしまったけれど、
 
最後の夜だから、、、
 
 
最後の夜だけは、彼女と楽しく過ごしたい!と強く思いました。
 
 
 
 
そう強く心に決めたからでしょうか・・・
 
 
 
 
今まで思っていることを言えなかったぎこちなさがウソのように、
 
彼女と大笑いしながら、楽しい時間を過ごすことができたのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本当に不思議な一日でした・・・
 
 
 
 
 
そして、翌朝、僕は彼女に見送られ、ポーランドを発ったのです。
 
 
 
 
この経験を振り返ってみて、気づいたことがあるんです。
 
 
 
僕たちはつい拒絶されることへの恐れや不安の方に意識を向けてしまい、動けなくなってしまうことがあります。
 
 
これは、意識を向けたものが拡大するからなんですね。
 
 
 
恐れに意識を向けると、恐れがどんどん大きくなってしまいます。
 
 
 
すると、自分らしくいられなくなったり、行動に移すのが難しくなります。
 
 
 
 
 
あの日僕は、今日が最後の夜だ、彼女との最後の時間を楽しもう!
 
一緒の時間を楽しむことに意識を向けて、そんな時間にしようと覚悟しました。
 
 
 
最後の時間を楽しむこと=に意識を向けたことで、恐れや不安が小さくなったのだと思います。
 
 
 
 
そして、”覚悟”が振られて力を失いそうな状態から、すっと芯の通った状態に変えてくれたのだと思います。
 
 
 
 
彼女は今でも思い出してしまうほど、心から好きになった女性でした。
 
 
 
 
 
どうして好きな人とはうまくいかないのか?
 
 
 
 
それは、
 
 
不安や恐れに意識が向いてしまっているから
 
 
 
自分は相手の人にどう思われているんだろう 
 
 
拒絶されたらどうしよう
 
 
 
って不安や恐れに意識が向いていると、
 
それが拡大していくので、
 
心も体も縮こまって動けなくなり、自分らしさも隠れてしまいます。
 
 
逆に、喜びや楽しみ、思いやりなど、に意識が向いているとき、
 
自然と自分らしくいられるように思います。
 
 
 
でも、これが難しいのが恋愛でもありますね。^^
 
 
相手の人を好きであればあるほど
 
そして、
 
相手の人が自分に関心がなさそうに思えるとき
 
 
「自分はどう思われているか」
 
 
という不安に意識がいってしまうものではないでしょうか?
 
 
 
 
 
それでも僕たちには、選択するという力があります。
 
 
 
不安に意識を向けるのか。
 
 
 
愛に意識を向けるのか。
 
 
 
 
恐れや不安ではなく、愛に意識を向ける。
 
 
恐れや不安からではなく、愛から行動する。
 
 
 
これがとても大切なことだと僕はこの経験から学びました。
 
 
 
 
 
あなたにも、もし不安や恐れが湧いてきたときがあったなら、
 
 
 
自分の中にあるに意識を向けてみてください。
 
 
 
きっとあなたの本来持っている大きな愛が発動し、
 
 
よりあなたらしくその恋に向き合えるのではと思います。
 
 
 
 
 
なにかしらの参考になれば嬉しいです。
 
 
 
 
長文読んで下さりありがとうございました。
 
 
 
 
 
(1998年11月スペイン アリカンテにて)
 
 
 
 
P.S.
 
今日は、大好きだった人との恋愛を通して、気づいたことをシェアさせて頂きました。
 
 
なお、スペースの関係上、振られたところだけにフォーカスして書きましたが、苦笑、
 
心がつながった瞬間も、あったのですよ。(‘_’)
 
 
 
以前ストーリー調でブログに書いていますので、
 
今好きな人がいて、悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。
 
 
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジン