自尊心と心のあり方で、人生を切り開くコーチング☆あなた本来の力と輝きを取り戻し、心からの願い、本当の望みを実現していくサポートをします。

起こることはすべて最高の出来事??

問題が発生すると、慌てふためきませんか?

ぼくはふためきます、笑。

でもこんな風に考えられたらいいですよね~?

 

 

 

 

 

 

 

面白いお話しがあったのでシェアしておきます。

 

 

 

アシュタバクラの話

10733438-騎手の日没の背景---ベクトル

 

昔、インドにジャナカ王という王様がいました。

 

そしてアシュタバクラというものがいました。

 

王様から「おまえはどう思う?」と聞かれると、アシュタバクラはいつも、

「起こることはすべて最高のことでございます。」

と答えました。

 

王様は、そんなアシュタバクラをとても信頼し、いつもそばに置いていたのですが、そのことに嫉妬した他の家臣たちが、アシュタバクラに罠をしかけました。

 

ある日、王様が手に怪我をしました。

家臣たちはアシュタバクラのところに行き、「王様が怪我をされたことをどう思う?」と聞きました。

アシュタバクラはいつものように答えました。

「起こることは、すべて最高です。」

家臣たちは、このことを王様に告げ口しました。

「王様、アシュタバクラは、王様の怪我のことも最高だと言っております。」

それを聞いて怒った王様はアシュタバクラを牢屋にいれました。

 

 

その日は、狩りの日でした。

王様は他の家臣を連れて狩りに出たのですが、王様は一人で森の奥深くにまで入り、そこで人食い部族に捕まってしまいました。

 

その部族は、儀式のときに人をいけにえとしてささげ、火あぶりにするのです。

 

ところが彼らは、火あぶりの直前になって、王様が手に怪我をしていることに気づきました。

傷ものは生け贄にできないので、かれらは王様を放免しました。

 

無事に帰ってくることができた王様は、すぐにアシュタバクラを牢屋から出して、あやまりました。

 

「おまえが言った通り、わしが手に怪我をしたのは、最高のできごとであった。しかし、そんな大事なことを教えてくれたおまえを、わしは牢屋に入れてしまった。そのことを悔やんでいる。どうすれば、この過ちをつぐなえるだろうか」

 

アシュタバクラは言いました。

 

「王様、私はいつも、起こることはすべて最高だと申し上げているではありませんか。もしも、私を牢屋に入れてくださらなかったら、私はいつも狩りでは王様の側から離れないので、いっしょに捕まっていたことでしょう。そして、怪我をしていない私は、生け贄になっていたことでしょう。だから、牢屋に入れていただいて、最高だったのです。」

 

これを聞いて王様は悟りました。

「起こることは、本当にすべて最高なのだ。」

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

ブログ100本ノック4日目!

外出のときだけ、タリーズでろいやるみるくてぃを飲めるというルールに!

今日は飲める~♪

 

by 「脱自己否定!」 自己肯定感を上げる専門コーチ 平山

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。