セルフリスペクト×恋愛コーチング - 自信をとり戻し、心からの願いに本気になるサポート。恋愛、自己実現、本当の望みにフタをせず、精一杯やれるようにサポートします。

起業ストーリー VOL.1

 

僕が、会社員を辞めて起業しよう! ってなるまでに至った道のりについてお話させてください。

 

 

 

 

今でも、ふいに想うのですが、まさか自分が起業することになるとは、夢夢にも思っていませんでした。

 

 

 

 

後で振り返って驚くのですが、よくまあ、これだけの偶然が続いたなあ~というのが率直な感想です。

 

 

 

 

 

あのことがなかったら、、、

 

あれがもしみれていたら、、、

 

あの人に会っていなかったら、、、

 

あの人があの人を紹介してくれてなかったら、、、

 

あの人があれを紹介してくれてなかったら、、、

 

直感でえいやでビシバシ動いていなかったら、、、

 

 

 

 

たった一つでも何かがかけていたら、

僕は起業なんてすることにはならなかったでしょう。

まだしてませんが・・・

 

 

 

 

 

僕が起業をしよう!って思い起こすことになるそのレール

に乗っかったのは、おそらくあの出来事が起点だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年の12月まで遡ります。

 

その当時の僕は、会社員をしており、起業をするなんてことは、これーぽっちも考えていませんでした。

 

 

ただ、年齢も30代後半になり、人生の半分まで来たなと考えて、この先も同じことをしていくのか? 違うことをするのか?とよく自問していたのを記憶します。

後悔だけはしない人生を送りたい!というのが強くありました。

 

 

 

 

 

そして、後悔しない人生を送りたいと思っているのに、それとは

ほど遠い、真逆の人生を経験していました。

 

 

 

 

 

 

持病のアトピーがめちゃめちゃひどくなっていて、寝るときは痒くて眠れない、朝は痒さと睡眠不足の絶不調でスタート、昼間は痒さで頭の中が真っ白になるくらい、、、ただ起きているだけでもつらいが仕事は盛りだくさん、痒くて仕事に集中できない、仕事が回せない、みんなに迷惑をかける、も〜無理、ど〜でもえーわと逆ギレする、人間関係悪化、、、泣きっ面にスズメバチ、そしてまた眠れない夜をむかえ、睡眠不足の朝を迎えるというのが延々と繰り返し、繰り返し、、、、

 

 

 

不快感から一日中逃げ場のない生活に追いやられました。

 

 

子供のころから楽観主義にはかなりの自信があったはずなのに、

心が折れてしまい、神経がささくれだった日々を送っていました。

 

 

 

自分の人生を否定し、その人生を変えられない自分自身も否定し「なんじゃこりゃ〜」って感じになってました。もう自己卑下の塊となっていました。

 

 MR.自己卑下っちゅうくらいで。

 

 

自分でも気づいていたのですが、当時僕はすごく人のことを比較したり、見下したりする人間だったのです。

 

自分でもこの性格は嫌だなと思っていましたが、それが自分だ(そういう嫌なやつ)だと思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

2013年 12月の暮れ、この、”人を見下してしまう”ということを

猛反省することになる不思議な出来事が起こったのです。

 

 

 

 

 

それは

 

 

続く・・・

第2話はこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メールセミナー