自尊心と心のあり方で、人生を切り開くコーチング☆あなた本来の力と輝きを取り戻し、心からの願い、本当の望みを実現していくサポートをします。

慈悲の瞑想で心を整える (なぜ「私」の幸せから?)

こんにちは、 

 

自信をつけるメンタルコーチ 平山です。 

 

慈悲の瞑想では、どうして「私」の幸せから始まっているのでしょう? 

 

そんな疑問が湧きませんか? 

 

そんなことを考えていたら、ずばり書いてありました。

 

以下、「仏陀の瞑想法~ヴィッパサナー瞑想の理論と実践 著者:地橋英秀雄、春秋社」

より青字で抜粋しました。

 

なぜ「私」の幸せから?

 

自分は後回しにしてまず他人の幸福こそ先に願うべきではないか、という衆生制度の考え方も広く知られておりますが、しかし原始仏教では、自分自身が幸せでなければ、他者に対する本当の慈悲の心は発露しないと考えます。

 

「自ら浄められてから、他を浄めよ」というのが順番で、他者に対して慈悲の瞑想がしたいなら、まず自分が幸せであることは義務なのです。

 

ですから堂々と私の幸せを最初に祈ります。

 

「私は悩み苦しみのない者となれ。幸せであれ」と祈り、次に身近な存在の幸せを祈り、さらに生きとし、生けるすべての生命の幸いを祈るのです。

(ここまで)

 

 

堂々と自分の幸せを祈る!

いいですね。

ただし、ただのエゴにならないようには気をつけたいですね。

自分だけがよければいいというエゴでなければ、

自分が幸せであるということが、周りの人にとっても、それが一番いいことなのかなと感じています。

 

以上

 

慈悲の瞑想には、たくさんのいいところがあったので、数回に分けてシェアをさせて頂きました。

 

いつでもどこでも気軽に実践できるのがいいところ。

スーパーマーケットのレジの列に並び始めた瞬間、プラットフォームで電車を待っている短い間、本も新聞も読めない状態の地下鉄、カレーの鍋を回しながら、などいつでもどこでもいいそうです。

私は、歯医者さんで歯の治療中に唱えています、笑

すると、急な痛みへの恐さへ意識がいかず、気持ちが少し楽なんですよね。

それにベストな治療になりそうな気もしますしね、一石二鳥。(^_^)

 

集中が弱くても、頻度が多くなれば、脳にしっかりと回路が形成されていくそうですよ〜。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

慈悲の瞑想

 

私が幸せでありますように

私の悩み苦しみがなくなりますように

私の願いごとが叶えられますように

私に悟りの光が現れますように

私が幸せでありますように(3回繰り返す)

 

私の親しい人々が幸せでありますように

私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように

私の親しい人々の願いごとが叶えられますように

私の親しい人々に悟りの光があらわれますように

私の親しい人々が幸せでありますように (3回繰り返す)

 

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように

生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように

生きとし生けるものに悟りの光があらわれますように

生きとし生けるものが幸せでありますように(3回繰り返す)

 

私の嫌いな人々も幸せでありますように

私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように

私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように

私の嫌いな人々にも悟りの光があらわれますように

 

私を嫌っている人々も幸せでありますように

私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように

私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように

私を嫌っている人々にも悟りの光があらわれますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メールセミナー