自分の本当の望みにフタをしていませんか? ☆あなた本来の力と輝きを取り戻し、心からの願い、本当の望みを実現していくサポートをします。

<番外編>メンタルコーチとしての挑戦 -3か月の短期集中勉強でTOEIC900点オーバー達成したときの気づき

 

こんにちは 平山です。

 

今日のシェアは、番外編です。

 

僕は、コーチの仕事が好きでやっていますが、もう一つ好きなことがあります。

 

昔から海外が好きで、外国人ともっとコミュニケーションができるようになりたいと、

 

実際にアメリカやスペインに留学をして、学びにはまったことがありました。

 

 

英語では、TOEIC(トイック)というテストも腕試しに何度か受けたのですが、

900点という数字にすごく憧れていたことがありました。

 

 

TOEICとは英語でのコミュニケ―ション能力を測る990点満点のテストで、

900点というのは、全体の約3%と超難関なスコアでした。

 

学生の頃、アメリカで1年近く英語学校でたくさん学んだときでも、700点台。

社会人になって、イギリスに4年近く住んでいたときでも、800点台と、

現地で学びたてほやほやでも届かなかった数字なので、

900という数字は僕にとって、ピークのときでも取れなかった無理な数字という位置づけでした。

 

自分にはとても取れないと思っていたので、そもそも真剣に狙ってチャレンジすることもなかったんですね。 

 

 

 

それから、月日は十数年流れ、40代になってから、メンタルコーチとして活動していくなかで、自分自身もコーチとして、なにかにチャレンジしてみたいと思い立ちました。

 

 

そこで思い出したのが、昔TOEICで900点に憧れてはいたけど、自分には到底無理と諦めていたことでした。

 

 

自分には無理と思いこんでいた900オーバーを、ブランクのある40オーバーになった自分がもし取れたとしたら、どんな気持ちになれるだろう・・・

 

きっとすごく気持ちいいし、自信がつくに違いない。 

 

そう思って、チャレンジを開始しました。

 

ただ、コーチとしての仕事を優先したいので、当初勉強期間を1か月半と決めました。

 

映画「ビリギャル」にも刺激をもらいながら、おじさんになって人生で初めて猛勉強を始めました。

 

 

で、

 

いきなり、結論からいってしまいますと、

最終的に900点どころか、奇跡的な点数が取れました。(‘Д’)

 

この成績表をインターネット速報で確認したときは、誰か他の人のスコアなのでは?としばらく疑ってしまうほど、本当に信じられなかったし、胸がドキドキするほどうれしかったのを覚えています。

 

このチャレンジを振り返って見ると、大きく3つのことがすごく役立ったなというものがありまして、

それをシェアしますね。

 

 

きっと、これからTOEICのテストを受けられる方には参考になると思いますし、それ以外の目標達成分野にも通用する内容だと思います。 

 

 

1つ目は、的を絞って、全力投入したこと。

 

投入できる時間は限られていましたので、的を絞ったことが功を奏したと思います。

英語の勉強というと、読む力、話す力、聞く力、文法、語彙力と取り組むべき課題はたくさんあります。

 

それこそ教材も文法、長文、リスニング、単語などのいろんな専門書やラジオ英会話、映画、YOUTUBE番組など、

手をつけようと思ったら、本当に幅広くあります。

 

これをかなり絞りました。

 

それは、TOEICの公式問題とTOEIC単語帳です。

公式問題は高価なので、模試問題も併用しました。

 

この公式問題(模試問題)と単語帳にやることを絞って、勉強しました。

他の教材にも手を出していたら、英語能力自体は上がったかもしれませんが、

TOEICの点数はここまで伸びなかったと思います。

 

2つ目は、1度の挫折で諦めず、もう1回チャレンジしたこと。

 

実は、900点オーバーは、1回の挑戦では達成できませんでした。

1回目は、895点だったのです。 

 

僕は、なにがなんでも900オーバーを取るとテストに望んだので、この数字を見たときは、正直すごく落ち込みました。

 

そして、

 

あれだけやっても届かなかった。

 

やっぱり900点には大きな壁があったんだ・・・

 

と一度はあきらめかけたんですね。

 

 

もともと他にもやることあるから、やるとしても1回だけと当初は考えていました。

それに勉強自体が苦手で相当疲れますから、もう一度勉強をする気にもなれませんでした。

 

でも、数日たってから、気持ちがだんだん変わっていきました。

 

本当に壁はあるのか? 

 

と。

 

このまま人生を終えたら、墓標に「900点を惜しくも取り損ねた男」と書かれてしまう・・・

 

書かれないけどね

 

そんなの嫌だ、

 

「900点を取れた男」と書かれたい! 

 

書かれないけどね

 

そう思い立ち、もう一度だけチャレンジしようと、あともう1か月半勉強に打ち込んだのです。

 

そのときも、やることを一つに絞り、苦手だったREADINGだけ特化した模試問題を1冊購入して、

それを端から端まで読みつくしました。

 

そして、その2度目のチャレンジで、当初目標としていた900点も大きく超えて、

960点というハイスコアが取れたのです。

 

 

一度失敗したからこそ、もっと頑張ることになり、

そのもうひと頑張りのおかげで、予想以上の結果が出た。

 

ということは、

 

一度の失敗は、もっと大きい成功のための、必要なプロセスなのかも知れませんね。

だから、一度の失敗で諦めてしまったら、もったいない。

 

 

 

3つ目は、実現した場面をイメージする。

 

実現した場面をありありとイメージすることで、夢は叶いやすくなる。

それを実際に試してみたくて、なんどもやっていました。

達成できたら、何が見えて、自分はそのときどんな言葉を口にしていて、周りの家族や友達はなんて言葉をかけてくれるだろうなんて、考えながら想像していました。

 

最初は、想像していると、無理、絶対無理という気持ちも湧いてきて、ちょっとバカげたことをしているような気にもなりました。

 

でも、勉強をつづけながら、だんだん手ごたえをつかんでいくにつれて、イメージングもなんとなく「いけちゃうかも」という前向きな気分に変わっていったのを覚えています。

 

 

半信半疑でやっていたイメージを、さらに越えて実現したときはマジで叶っちゃったと震えました・・・( ゚Д゚)

 

 

僕はこの挑戦で、

的を絞って、そこに全力投入することの効果、

一度の挫折で諦めないことの大切さ、

イメージすることの効果、

 

そして、

 

やってやれないことはない。

 

ということを身を持って学べたように思います。

 

 

あなたがこれからするチャレンジに、なにかしらのヒントになれば幸いです。(^^)

 

 

P.S.

もし、これからTOEICにチャレンジされるという方で、さらに詳細を知りたいという方がいれば、お気軽にご相談ください。

 

マンツーマンで勉強法をご紹介することもできます。(有料)

TOEIC勉強法、問題の解き方コツ、実際に使用した参考書などをまとめた小冊子付。

過去7、800点台だったときの壁や、今回の2回のテストで実践したこと、やってみて気づいたこと、失敗と改善したことなど、これからまさに受けようという方に、お役立てていただけるのではと思います。

 

ご希望の方は、こちらのお問合せフォームよりご連絡ください。

 

 

 

by 

心からの願いに本気になるサポート!

セルフリスペクトコーチ

平山 仁ー 

  

◆各種個人セッションをご提供しています。

 

セッションメニューはこちら

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。