恋愛コーチング ☆一番好きな人と最高の自分で恋をしたい! 本当に望んでいる恋愛、パートナーシップの実現を自信を育むコーチングでサポートします。

人間関係は格好つけない方がいい

 

 

昔、スペインに留学をしていた時、シェアハウスに住んでいたオランダ人と友達になりました。

 

僕より年下の18、9才の2人組、ちょっとやんちゃな野郎どもです。

 

 

その頃僕は22くらい? 

 

もうずいぶんむか〜しの話です。

 

 

 

欧州人は、英語がうまい人が多く、

 

オランダ人である彼らも英語は流暢に話せるのですが、スペイン語はへたくそ。

 

日本人である僕は、英語も、スペイン語も両方下手くそでした。(‘Д’)

 

 

英語の方がまだ知っているので、スペイン語よりはうまく話せているつもりでした。

 

彼らとは、普段はスペイン語で交流していましたが、たまに英語を使って話すこともありました。

 

そんなとき、彼らは英語をとても流暢に話すので、なんだか負けたくないという気持ちが湧いてきます。

 

心なしか、自分もうまく話したくなってくる、

 

正しい発音、正しい文法、テンポよくを意識して。

 

 

ある日、彼らと英語で会話している時に、ぽろっと言われたことがあります。

 

 

「ジニチ、お前はスペイン語で話している時の方が面白いぞ。

英語で話すと急に真面目くさくなる。」

 

Me「まじか、ならそうしよう。これからはスペイン語オンリーでいこう」

 

 

そして、下手くそなスペイン語で話し出し、くだらないことを言いながらお互いバカ笑いをする。

 

スペイン語で話すときは、自然に思っていることをストレートに伝えたり、アホくさ〜なことも平気で言えてしまうところがありました。

 

でも、これが彼らには面白かったみたいで。

 

同じように彼らが、下手くそなスペイン語でアホくさ〜なことを話し出すと、可笑しくて腹から笑えてしまうのでした。

 

まさに下手くその出し合い、

 

アホくさ〜の出し合い、

 

ボロのさらし合いでした。

 

 

しかしこのボロのさらし合いをすることで、変に心が通じ合ってしまうのです。

 

彼らは、文化も、話す言葉も違う外国人。

 

つたないスペイン語でのやりとりなのに、妙に心が通じ合えるのでした。

 

 

人間関係って、格好つけようとしなくていいのだと思います。

 

むしろ変に格好つけようとするからおかしくなってしまう。

 

素の自分を堂々と出せばいいのだと思います。

 

 

これを恋愛に当てはめてみたら、どうでしょう。

 

いや、これを恋愛にそのまま当てはめるのは少々無理があるのでは?という声が聞こえてきそうです。

 

でもあえて無理を承知で突き進んでみましょう、笑。

 

 

 

僕たち人間は、

 

好きな人には、英語をうまく話したくならないでしょうか?

 

下手くそなスペイン語は封印して。

 

 

 

 

自分を格好良く見せようとしたり、

 

上品にみせようとしたり、

 

自分以外のものを見せたくならないでしょうか?

 

素の自分は見せちゃだめだと隠して。

 

 

でも、もしかしたら、

 

あなたが英語をうまく話そうとしているとき、

 

あなた本来の魅力が、影を潜めているのかも知れません。

 

へたくそなスペイン語をおかまいなしに話すように、

 

素の自分をだしているとき、

 

相手の人にとって、より魅力的に映っているかもしれませんよ。

 

 

僕たち人間は、恋愛となると、急に格好つけたくなってしまう。

 

でも本当は、

 

恋愛でも、格好つけなくていいのではないでしょうか。

 

いやむしろ、

 

好きな人だからこそ、

 

素の自分で堂々と勝負するのがいいのでは? 

 

あっ、勝負ではないか、笑

 

素の自分でいればいるほど、

 

わかりあえる瞬間が増えるものなのかもしれません。

 

 

 

あなたは、好きな人に対してどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

by 

セルフリスペクトコーチ

平山 仁ー 

  

<個別セッション>

 

無料メールセミナー

 

 ブログ記事特集

恋愛男性心理を知りたいときに読む記事

自己否定をやめたいときに読む記事

勇気を持ちたいときに読む記事

恋愛でうまくいかないなと感じたときに読む記事

マイ恋愛ストーリー

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メールセミナー