I AM OK! と自分に自信をとり戻し、心からの願いに本気になるサポート! あなたが心からやりたいこと、その想いにフタをせず、精一杯やれるようにサポートします。

太陽系で一番難しい恋 <スペイン留学編> 第12話 ☆どうして好きな人には伝えたいことをうまく伝えられないのか?

 

 

(前回のあらすじ)

 

ポーランドまでローズちゃんを追いかけた挙句、振られてしまい、落ち込んでお酒浸りになってしまう。

 

おまけに彼女には彼氏ができていた。

 

普通ならば、自分を振った彼女とすぐに会うことはないだろう。

 

でも、ポーランド最後の夜、僕はまだ残る恋心は横において、友達としてローズちゃんとの最後の時間を楽しもうと決めた。

 

最後だったからなのか、それとも、心決めをしたからなのかはわからない。

 

最後の夜は、ローズちゃんと本当に仲のいい友達のように話すことができた。

 

今まで、彼女と話すときはいつも緊張して、言いたいことが言えなかったのに、自然な自分でいられたことがとても不思議だった。

 

次の日の朝、僕はポーランドを去った。

 

もう今度こそ、二度と会うことのない彼女に見送られ、僕はスペインへの帰路についたのだった。

 

前回11話がまだの方はこちら

 

 

 

 

 

-第12話- グラナダの手紙

 

 

 

アリカンテに戻ると、またいつもの日常が始まった。

 

相変わらず、ローズちゃんのいない町は寂しさに満ちていた。

 

でも一つだけ違いがあった。

 

もう振られたのだ。

 

彼女のことを思い出すのはよそう。

 

そう心に決めた。

 

それでも、この町にいるとどうしても、行くところ行くところ、いちいち彼女のことを思い出させてくれる。

 

 

僕は、気持ちを切り替えるために、住む町を変えることにした。

 

いろいろ調べて、グラナダを次の拠点に決めた。

 

グラナダには、大学付属の語学学校があり、規模が大きいのが魅力だった。

 

そして、あの有名なアルファンブラ宮殿にも惹かれたからだ。

 

 

全く新しい土地で、新しい生活をしよう。

 

そうすれば、きっと忘れることができる。

 

 

 

image

(写真は、アルファンブラ宮殿の中)

 

 

実際にグラナダに移り住んだのは正解だった。

 

行く場所、見る場所、すべてが新しい場所なので、アリカンテで感じた「ローズちゃんがいない」と感じさせる場所に出くわさずにすんだからだ。

 

新しい友達もたくさんできて、だんだん彼女のことを考える時間が減っていった。

 

グラナダでの暮らしは、5,6人の学生同士(スペイン人、オランダ人、イギリス人、イタリア人男女混合)でシェアするアパート暮らしだった。

 

外国人の友達と一緒に料理を作ったり、一緒にご飯を食べたり、酔っぱらって夜の町に繰り出すのは、とても楽しかった。

 

僕は料理で冒険をするので、映画インディジョ~ンズになぞらえて、インディと呼ばれた。誰やねん?

 

 

 

僕はグラナダで新しい生活をはじめて落ち着いたころ、ローズちゃんに手紙を書いた。

 

何を書いたのかまでは、よく覚えていない。

 

ただ、その手紙に対するローズちゃんの返事の手紙が残っていた。

 

ローズちゃんを忘れるために、手紙や写真は全部処分したはずなのに、なぜかその手紙だけ残っていた。

 

一番内容的には手厳しい手紙が。

 

 

 

手紙にはこんなことが書かれてあった。

 

 

 

とてもとても長い手紙をありがとう。

(とてもとてもというのがちょっと皮肉っぽい、苦笑。言いたいことを面と向かって、言えなかった僕は、手紙にいっぱい書いたのだろう)

 

私はあなたがそんなに長い間、私に興味があったことを知らなかったわ。

 

私があなたに興味があったのは3日間よ、ごめんなさい。

 

私は、人生でたくさんのいいことも悪いことも経験したわ。

 

私はあなたに愛をもっていなかったことを知っていたわ。

 

そしてそれはこれからも持つことはないわ。

 

あなたは日本人、そして私はポーランド人。

 

私たちは、私たちの気持ちについて話すことができなかったわ。

 

そして、私たちには、スペイン語でも英語でも話すことに問題があった。

 

あなたがポーランドに来たとき、私とボーイフレンドの関係は終わったわ。

 

私とボーイフレンドの関係は2週間ちょっとだった。

 

これは私にとって悲しいことではなかった。

 

でも、私はあなたとは、付き合うことを考えることができなかったわ。

 

私があなたにポーランドに来てほしかったのは、”友達として”来てほしかったの。

 

あなたは、少しだけ変わらないといけないと思う。

 

あなたはお酒を飲むことばかり考える。

 

あなたはお酒を飲みすぎる。

 

あなたは、問題をもっているときにお酒を飲むわ。

 

でもその問題をあなたは話そうとしない。

 

これはStupidよ。

 

私は人がお酒をたくさん飲んで酔っ払うのが嫌い。

 

よくないと思うの。

 

手紙ありがとうね。

 

あなたがいい人生を送りますように。

 

そしてあなたが、私よりもっといい女性と出会いますように。

 

ローズ

 

 

 

この手紙をグラナダの町の通りのベンチで開封し読んでいた僕は、胸が張り裂けるように痛くなったのを覚えている。

 

僕はずっと想い続けていたのに、ローズちゃんが僕に興味があったのは3日間だけだった。

 

手紙には、僕は問題があるとすぐにお酒を飲んで、そのことを話そうとしないと書いてあった。

 

まったくそのとおりだった。

 

僕は人を好きになると、自分の思っていることが言えなくなった。

 

想いとは、全然違う行動ばかりとっていた。

 

ローズちゃんの手紙や写真は忘れるために、燃やしてしまったのに、この手厳しい手紙だけが残っていたのは、もしかしたら20年後の僕に、こうして読んでもらうためだったのかもしれない。

 

たぶん、あのときは、書かれていることの全部は受け入れることが、できていなかったのかもしれない。

 

20年たった今、改めて手紙を読んでみて、3日間しか興味がなかったというところで、「えつ、3日? マジですか!?」と突っ込みを入れたくなったからだ。

 

 

人はそれぞれのドラマの中に生きている。

 

僕は、彼女と繋がったあのアリカンテでの時間を止めたまま、ずっとドラマの中で生きていたんだ。 

 

僕とローズちゃんのドラマが交錯したのは、たったの3日だけだった。

 

 

 

次回、 エピローグ - Gracias! Spain

 次回 13話は こちら

 

P.S.

よくこの手紙が、残っていたなあと思います。

20年後の今改めて読んでみても、少し胸がキュっとなりました。

でも、それ以上に青春だったな~と、胸が熱くなりました。

 

P.P.S

最終話を2話にわけて書きました。

それ、最終話とちゃうやん!という突っ込みはナシで、笑。

次回がほんとの最後だよん。

 

 

 

by 自己卑下上等! 自己肯定感を高める のメンタルコーチ 

  無意識を味方につけて恋愛力を高める 恋愛改革コーチ

  平山 仁ー 

  

音を無視して生きていけるほど人生は短くない、

むしろあまりに長い。

だから人は本音に向き合う時がくるのだろう。

あなたは、本当にしたいことに生きていますか?

 

 

 

1)コーチングセッション

以下2種類のメニューをご提供しております。

 

☆恋愛改革コーチング(NEW)

無意識を味方につけて恋愛力があなた史上最高最善になります。

詳細は、こちらを押してください。

 

☆自己肯定感コーチング

自己否定/自己非難が解消、緩和し、自己肯定感が高まります。

詳細は、こちらを押してください。

 

いずれも、潜在意識にアクセスしますので、即効性があり、大きな変化と気づきをもたらします。

 

 

2)体験セッション

初めての方のために、割安な価格で、体験セッションを募集しています。

ただいま、募集しているセッションはこちらです。

 

 3)お問い合わせについて

個人セッションに関するご質問やお申込み、その他ご質問などございましたら、

こちらのお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

 

 4)プロフィール

平山 仁一プロフィール

 

<参考記事>

■恋愛関連

太陽系で一番難しい恋 第1話

どうして人を好きになると、本当にしたいことと違う行動をしてしまうのか?

恋愛に苦手意識のあった僕が高校生の時にこのことを痛感した体験をストーリーにしました。

同じようなことで恋愛に苦手意識を持っている人を恋愛コーチングで応援しています。

 

太陽系で一番難しい恋 <スペイン留学編> 第1話 

☆どうして好きな人には伝えたいことをうまく伝えられないのか?

もともと人を好きになるとぎこちなくなってしまうという弱点があり、ただでさえ苦手だった恋愛に、ハードルがてんこもりで加わった難易度S級の恋愛に向き合ったスペインでの恋のお話です。 

好きな人に想いを伝える難しさを痛感した経験をストーリーにしました。

同じように恋愛に苦手意識を持っている人を恋愛コーチングで応援しています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メールマガジン