自信と勇気を取り戻す恋愛コーチング ~好きな人がいるけど動けない。不安や恐れが湧いてきて、心にフタをしていませんか? 心からの願いに本気で動けるようになるサポートします。

太陽系で一番難しい恋 (高校生編) 第1話

 

 

私、いまでこそ恋愛コーチをしていますが、ものすごく恋愛ベタだったときがありました。

 

過去形にしていいのか?

 

 

いいのか?

 

好きな人に限って、コミュニケーションがうまくできなくなってしまう。

 

好きな人に限って、したいことと全然違うことをしてしまう。

 

これは、きっと呪いに違いない。

 

好きな人にだけ極端に不器用になってしまう自分の恋愛下手さを、ずっと足を引っ張る呪いのように感じていました。

 

でも、今では少し違った視点でみれているのです。

 

恋愛ベタゆえに、たくさん失敗して傷ついたこともありました。

 

でも、恋愛ベタだからこそ、恋を人一倍楽しめたのかもしれない。

 

そんなことに気づかせてくれた恋愛ベタ、デビュー戦(初恋)のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が奈良に住んでいたときの高校生の時の話である・・・

 

 

 

 

 

( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

たしか高校3年生のときだったと思う。

 

僕には、違うクラスに恋い焦がれる女子がいた。

 

プライバシー保護の観点から仮名で彼女のことを、ヒマワリちゃんと呼ぶことにしよう。

 

 

 

 

このヒマワリちゃんとは、まったくお話ししたことがなかったのだけど、そのかわいらしさに一目惚れをした。

 

 

 

別のクラスだったので、頻繁に会えるわけではなく、たまに廊下ですれ違う程度であったが、そのレアさが、また会ったときのドキドキを膨らませた。

 

 

 

僕は当時、女子と付き合ったことがなかったが、そのヒマワリちゃんとは、なんとかして付き合ってみたいと考えていた。

 

 

正確には、彼女と一緒に下校したいと考えていた。

高校生のときは、女子と一緒に下校することに憧れるものである。

 

 

 

 

 

 

ただ、僕には、致命的な欠点があった。

それは、女子を好きになった途端に、全く話せなくなってしまうことだ。

 

 

 

名誉のために言っておこう。

僕は、女性が苦手なのではない。

女友達と話すのはなんら問題がない。

ただ恋愛感情が湧いた時点で、急におかしくなってしまうのだ。

 

 

 

よく小学生が好きだという表現がうまくできないがために、好きな子にいたずらをしたり、無視してしまうといった裏目行動をすることがあるが、僕の場合は高校生になっても、この裏目行動に一向に進歩がなかった。

 

 

 

すれ違うだけで、胸がバクバク緊張するようになってしまい、しばらくは声をかけるなんてとても考えられず我慢していたが、胸のあたりがだんだん苦しくなってきて、もう気持ちを抑えることができなくなっていた。

 

 

 

僕は、意を決して告白しようと心に決めた。

 

 

 

 

 

高校生のときなので、まず友達になってとか、お茶に誘ってとかそういう段階的なアプローチが思いつかない。

 

 

生か死か!

 

 

 

 

受け止めてもらえるか、華々しく散るかのゼロイチ作戦だ!

 

 

 

 

 

そのころは携帯電話はもちろんメールもなかったので、ヒマワリちゃんとコンタクトを取るには、おうちの固定電話で電話をかけるしか方法がなかった。

 

 

 

 

 

僕は母も父も妹もいない日を見計らい、ついにヒマワリちゃんに電話をかける決心をした。

 

 

 

 

 

 

受話器を持つと手がブルブル震える。

 

 

 

「あっ、あっ、あ”~~〜、もしもし、もし、もし、」と発声練習をするが、声が震えてどうしようもない。

 

 

 

どうしようもない僕は、とりあえず、冷たい水で顔を洗うことにした。

 

 

 

高校生なので、酒の力もたばこの力も借りられない。

 

 

水の力だ!

 

 

 

水でバシャバシャ顔を洗い、頬っぺたを2,3発ベシベシとひっぱたいた。

 

それでも、受話器を持ってダイアルに手をかけると、体中が震える。

 

 

 

景気づけにロッキーのテーマを聞くことにした。 

 

 

 

 

 

 

 

しかも大音量で! 

 

 

 

パッパパ、パッパパ、パーパパパー♪

 

 

 

 

 

 

飛び跳ねながら聞いた。

 

 

 

 

 

 

そして、聞き終わった直後に受話器を持つのだけど、それでも身体が震えてかけることができない。

 

 

 

 

「あー、情けない!もうやめようか・・・・」と思った。 

 

 

 

 

顔をひっぱたいてまで頑張ったのだ。

いやいやいや、と勇気を振り絞り、とりあえず、また顔を洗いに行った。

 

 

 

冷たい水で洗顔 → 頬っぺたをひっぱたく → ロッキーのテーマ → 受話器を持つ

 

 

→洗顔 → ひっぱたく → ロッキー →受話器

 

 

→洗顔 → ひっぱたく → ロッキー →受話器

 

 

と、2,3回は繰り返しただろうか・・・

 

 

 

ついにかけてしまった。プルルルル ♪

 

 

 

「ぐわー、かけてしまった~!!!!」  ( ゚Д゚)

 

 

続く。

 

 

第2話はこちら

 

P.S.

青春だなあ・・・

 

甘酸っぱいわ、笑

 

タイトルの太陽系で一番難しい恋とは、、、

 

恋愛をテーマにコーチを始めた頃、

 

「世界一難しい恋」というドラマがやっていました。

 

恋愛下手の主人公が奮闘する内容ですが、

 

ドラマを見ていて下手くそぶりに笑いながらも、

 

自分はこのドラマの主人公より上手(うわ手の)、

 

恋愛下手だなと感じ、

 

世界一の上は???という問いでこうなった次第です、ハイ。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ